指輪型ピンクッション

針と糸で作る

【指輪型ピンクッションの作り方】ボトルキャップとはぎれで簡単!

子供きっかけのお友達に「お裁縫を教えて」と声をかけてもらって、よくミシンパーティーをしていました。

その時気付いたんですが、小学生の時に使っていた裁縫道具を使っている人って多良いんですよね。

今回はお裁縫に必須のピンクッションの作り方を提案します。

指にはめられる作りになっているので、手元にすぐ針を休ませられて作業も捗ります。

自分のお気に入りの布で作ったピンクッションがあれば、モチベーションが上がりますよ。

指輪型ピンクッションの材料について

 

指輪型ピンクッション材料

 

今回作る指輪型ピンクッションはボトルキャップをベースにして作っているため針が下から突き抜けたり、ピンクッションの中に入り込んで迷子になったりすることがありません。

工程は全て手縫いですが、多少目が揃わなくても、縫い目は表から見えませんのでご安心を。

材料も身近なものでできるため、ぜひ気軽にチャレンジしてください。

ボトルキャップ廃材 
はぎれ2種類家にあるもの 
綿ダイソー110円
平ゴム(7ミリ)ダイソー110円
はぎれは10㎝角程、

給食袋を作るような厚みのコットンがおすすめ。

ハンドちゃん
メイドちゃん
お気に入りだったけど着られなくなったお洋服もおすすめです。

※厚みのある生地や薄すぎる生地、伸縮性のある生地は今回のピンクッションには向きません。

ボトルキャップの種類について

今回は3種類のボトルキャップを用意しました。

左から、紙パックのワイン・一般的なペットボトル・ペットボトルの甘酒

小さいものは指にはめるのに、大きいものは腕にはめるのにちょうど良いです。

お好みのものをご用意ください。

指輪型ピンクッションの作り方

難易度かんたん
材料費220円〜
制作時間30分〜1時間
作る方法手縫い

手縫いで作りますが、縫い目は見えないので少し歪んでも大丈夫です。

少しテクニックがいりますが、工程通りに進めれば難しくはありません。

下準備

以下のサイズを参考に裁断します。

使用するボトルキャップ底側の布(直径)本体側の布(直径)
紙パックワイン7㎝6㎝
ペットボトル8㎝9㎝
甘酒ペットボトル9㎝10㎝
針を刺す部分をぷっくりに仕上げたければ少し大きく、ぺたんこにするなら小さめ、というふうに調整してね。
ハンドちゃん

作り方工程

step
1
底の部分を作ります

底部分をいせる

1−1.底部分の生地の外から5ミリのところをぐし縫いします。

1−2.真ん中にボトルキャプを置き、ぐし縫いを引き絞って玉留めします。

引き絞って縫う

1−3.引き絞った生地をすくって、対角線の生地をすくって引き絞る、を満遍なく繰り返して生地をピンと張ります。

step
2
ゴムを取り付けます

ゴムを輪にする

2−1.ゴムを輪にして重なった部分を縫います。

ゴムを取り付ける

2−2.縫った部分を底の引き絞った部分に縫い付けます。

腕に取り付ける

※腕につける場合は、一度腕に巻いてみてちょうどいい長さを探って下さい。

step
3
本体を作ります

ぐし縫い

3−1.本体部分の外から5㎜のところをぐし縫いします。(底部分の時と同じ要領です。)

3−2.綿を詰めながら引き絞ります。利き手で糸を引きながら、反対の手の親指で綿を入れ込むとやりやすいです。

綿はギュウギュウに詰めてね
ハンドちゃん

メイドちゃん
予想以上にたっぷり入れなきゃです

3−3.たるんでいるところを針ですくって引っ張り、対角線のたるんでいるところを針ですくって引っ張り、を繰り返して、丸い形に整えます。

step
4
本体を縫い付けて仕上げます

底と本体を重ねて左手でずれないように押さえながらコの字とじ※で縫いとめます。

細かい目で縫えなければ2周すればOK。

ポイント

コの字とじ

糸の進み方がカタカナの「コ」の字のように見えることから、コの字とじと呼ばれています。

  1. 玉結びをして本体の見えないところから挿して縫い合わせたいところに出す
  2. 糸が垂直になるように底部分に針を指し、数ミリ先に針を出す
  3. 引き絞って次の目へ ※写真は分かりやすくするために糸を引き絞っていません。
  4. 同じ要領で本体部分へ針を指し、数ミリ先に針を出す

これを繰り返して縫いとめる方法です。

作り方〜おまけ〜

今回はカップケーキっぽくしたかったので、本体の上にホイップクリームをフェルトで作ってつけました。

手縫いで簡単に作れるので、ついでに作り方をご紹介します。

step
1
フェルトを裁断します

フェルトホイップ裁断

しずく型を縦半分に切ったような形を12枚裁断します。

私がこの時作ったもののサイズは縦5㎝×横1.5㎝です。

step
2
4枚ずつまとめて縫います

4枚重ねて縫う

4枚重ねて、まっすぐの部分を巻きかがりで縫いとめます。

手前から針をまっすぐさして糸を引き、右にずらしてまた手前から針をまっすぐさし、を繰り返します
ハンドちゃん

step
3
4枚ずつ重ねたかたまりをひとまとめに縫いとめます

4枚のかたまりをさらに縫い合わせてひとまとめにします。

2つを1つに巻かがりで縫い合わせ手から、さらにもうひとつも縫い合わせます。

step
4
4枚ずつ重ねたかたまりをひとまとめに縫いとめます

1枚ずつ広げて形を整えて、全体をねじって形を整えたら、中心の下から上へ針を指し、引き絞って上から下へ針を指し、下で玉留めします。

これを好きな位置に縫いとめてください。

指輪型ピンクッションの使い方

小サイズはコンパクトなので指1本でもフィットします。

私のおすすめは利き手じゃない方の親指につける使い方です。

中サイズは指2本にはめると安定します。

大サイズは腕につけるためにゴムを長めにしています。

腕につけるとミシンをかける時に邪魔にならないので、手縫いが多い人は指用、ミシンが多い人は腕用にするといいかもしれません。

ポイント

昔母に教わったのですが、ピンクッションの中身は髪の毛を詰めると針が錆びにくくなるそうです。

今回の作品だと、サイズが小さくて直接本体部分に髪の毛を詰めるのは結構大変そうで諦めました。

試していませんが、ストッキングに散髪の時の髪の毛を詰めて口を縫いとめて、綿で覆ったものを詰め込めば、大きボトルキャップならギリギリ入れられる気もします。

もしも興味がある方はお試しください。

ご自身の使いやすいようにカスタマイズしてくださいね。

指輪型ピンクッションの作り方〜まとめ

お気に入りの色の組み合わせや、お気に入りの柄ってありませんか?

私はピンクと濃い色のストライプや、柔らかい色のドット柄が好きです。

お裁縫は楽しいですがつまずくこともよくあって、でも慣れない作業をする時にお気に入りがあればモチベーションが上がる気がします。

ですので私は道具の見た目を重要視しています。

ピンクッションは消耗品ではありませんので、一度作るとかなり長く使えます。

使用するはぎれはぜひ厳選して、自分の大好きなピンクッションを作ってみてください。

お気に入りのピンクッションを作ったら、まち針もお気に入りにしてみませんか?

デコまち針
まち針をデコろう!ビーズと虫ピンで作る簡単すぎるオリジナルまち針

前回ピンクッションを作ったので、今回はピンクッションに刺すまち針をビーズでデコって作ります。   趣味を楽しめるかどうかって、道具が大きく影響してる気がしませんか?   個人的に、 ...

続きを見る

折れてしまったまち針は、こまめに処分しましょう

まち針捨て方
【針の捨て方】まち針の捨て方知ってる?

お裁縫をしていると、針が曲がってしまうことがありますよね。 針はどのタイミングでどうやって捨てるの? よくわからずにピンクッションに使えない針が刺さったままになっていませんか? 作業のたびに手に取って ...

続きを見る

絵を描くのが好きな人に朗報!

絵画のサブスク「Casie」はご存知ですか?

定額制でいろんなアーティストの絵画がレンタルできるサービスなのですが、今注目されているためアーティストが足りていないようです。

絵画を描ける人はぜひ活躍してみてはいかがでしょう?

登録は無料、作品の発送時に送料がかかるだけなので一度審査だけでも申し込んでみませんか?

もちろん顧客としてレンタル会員になるのも簡単♪

おうちに素敵な絵画を飾れるなんて、居心地よくなっちゃうよね。
ハンドちゃん

メイドちゃん
季節や気分に合わせて絵画を取り替えるのも簡単です。

おうち時間を快適に過ごすために、インテリアに拘りたいですよね。

-針と糸で作る
-,

© 2021 つくるちゃんの作り方ブログ Powered by AFFINGER5