デニムタッセル

はさみやのりで作る 針と糸で作る

【デニムタッセルの簡単な作り方】軽くて存在感のあるピアスを作ろう!

大振りのピアス大好きですが、重さが気になるのでよく軽い素材で自作しています。

ここ最近デニムを雑貨にリメイクしていて、ハギレとして細かい生地が余っているのでデニムタッセルにしてみました。

このタッセルはハガキ程度のデニムハギレで作れます。

デニムのハギレが余っている方、一緒に作ってみませんか?

今回作るデニムタッセルの材料

名称入手先参考価格
デニムハギレ古着から使用
マルカン手芸店少量なら100円程度
絹糸手芸店200円〜300円
ほつれ止め手芸店500円程度

デニムタッセルはマルカンもしくは三角カンという輪っかになったパーツに通してまとめます。

使用するデニムの幅にちょうどいいマルカンを使います。

いろんなサイズのマルカンがセットになったものが便利です。

デニムは長く使ううちにほつれることがあるので、ほつれ止めをしておくと持ちが良くなります。

筆ペンタイプで細かい生地にも使いやすいのがKAWAGUCHIのほつれ止めです。

細かいハンドメイドが好きな人にはすごく便利です。

タッセルを束ねるのに光沢のある手縫い糸がおすすめです。

金具をゴールドにするなら、糸もゴールドだと統一感が出ますよ。

デニムタッセルの作り方

難易度初心者
材料費1,000円前後
制作時間30分程度
作る方法手縫い

細かい作業になりますが、特にテクニックは不要です。

初めてさんでも気負わずチャレンジしてくださいね。

下準備~デニムを裁断します

キレイに祭壇さえできればあとは簡単なので、少し面倒な方法で丁寧に裁断します。

step
1
長さを決めて裁断します

タッセルの長さ×2になるように生地を裁断します。

私の場合は10㎝くらいのタッセルにしたいので、20㎝に裁断します。

幅は、ピアスにするなら10センチ程度あれば足ります。

step
2
縦糸を抜きます

縦糸を抜く

裁断した生地の縦糸を抜きます。

後でほつれにくいタッセルにするために、デニムを垂直に切るためだよ。
ハンドちゃん

1㎝幅で縦糸をゆっくり引っ張って、少しずつ手繰り寄せながら引き抜きます。

もしも途中で糸が切れてしまったら、隣の縦色で再チャレンジしてください。

step
3
繊維に対して垂直に裁断します

裁断する

縦糸を抜いた部分を目掛けて裁断します。

メイドちゃん
分かりやすく線ができてるです。

もしも抜いた部分が見にくければ裏返して見やすい方から裁断してください。

step
4
ほつれ止め処理をします

裁断後

カットが済んだら生地からはみ出た縦糸を取り除きます。

ほつれ止め液を塗ってほつれ止め処理をします。

step
5

作り方工程~タッセルに仕上げます

あとはちまちま作業を残すのみ。

針と糸をご用意ください。

step
1
デニムを束にします

裁断したデニムを左右対象のピアスにするために半分に分けます。

端っこを揃えてもいいですし、あえてバラバラにしてもいいです。

お好みで重ねてください。

[/st-kaiwa1 r]私は動きを出すために、あえて端をバラバラにしたよ。[/st-kaiwa1]

メイドちゃん
バラバラにするにも左右対称にしたいから、狙ってばらけさせるです。

step
2
マルカンにデニムを通します

マルカンに通す

束ねた生地をマルカンに通します。

真ん中に合わせたら半分に折り、バランスを見て調整します。

step
3
玉結びします

たまむすび

針に糸を通し、二本どりにして玉結びします。

生地の、表から見えない内側に針を刺し、玉結びを隠します。

マルカンのほんのちょっと下を狙ってね。
ハンドちゃん

step
4
巻きます

タッセルに糸を巻く

マルカンの下をきれいに巻きます。

左右対称にするために、巻く回数をカウントしておいてください。

step
5
玉留めします

たまむすび

玉結びをしながら、針をデニムの断面に刺して玉結びを隠します。

糸を切ったら完成です。

もうひとつ同じものを作ってください。

デニムタッセルはこんなところに

ピアスに

完成したタッセルパーツにピアス金具をつけたらピアスの完成です。

このパーツが無くしにくくておすすめだよ。
ハンドちゃん

お好みでビーズやパールなどもつけると可愛いですよ。

チャームに

ピアスパーツではなくチャームにしても可愛いですよ。

大きめに作ってカバンにぶらぶらさせると垢抜けますよね。

キーホルダー金具でもいいのですが、こちらのカニカンという金具をつけるのがおすすめです。

ジッパースライダーに

ジッパーの穴の部分に直接取り付ける方法もあります。

可愛いだけでなくつかみやすくなるので、機能性もアップしますよ。

デニムリメイクの雑貨いろいろ

デニム1本をリメイクに使おうとすると結構たくさん生地があるのでいろんなものができちゃいます。

たとえば裾を使ってサコッシュを作る方法はこちら

サコッシュ
【デニムリメイク】裾を利用で簡単!ポッケ付きサコッシュの作り方

デニムって丈夫と言われていても履きすぎて破れることあるんですよね。 でも生地が丈夫だから何かに使えないかな?と考えた時に、裾の部分を生かしたサコッシュを思いつきました。 デニムは生地が分厚くて脱いにく ...

続きを見る

ミシンを少し使いますが、裾の形を利用して作るのでとても簡単です。

ミシンを使わない方法なら、100均ファイルにデニムを貼り合わせてクラッチバックにする方法も。

デニムリメイククラッチバック
デニムリメイク!蓋付きクラッチバック作り方~100均×裁縫上手で

薄着になったら小さいバックを持ちたくなりませんか? 今回は100均資材を使ったデニムリメイク、蓋付きのクラッチバックを作ってみました。 メイドちゃんあんまりものが入らない機能的じゃないバックってかわい ...

続きを見る

ももの部分でティッシュケースを作ったり

ティッシュケース
【デニムリメイク】壁掛けOK!なティッシュケースの作り方

ボックスティッシュのカバーってなかなか定まらなくないですか? 先日、片ひざだけ使ったデニムが余っていたので、ボックスティッシュのカバーを作りました。 壁にかけて使える仕様にしたので、テーブルを拭くとき ...

続きを見る

ほんの少しのハギレでできるランドセルのキーケースもおすすめです。

キーケース
【ランドセルにぴったり】デニムリメイクキーケースの作り方

子供が小学校に上がると困るのが、なくされるのが心配で自宅の鍵を持たせるかどうか悩むところですよね。 絶対無くさなくて、使うときにスムーズに出せてしまえる、そんな便利なキーケースをランドセルの肩紐に取り ...

続きを見る

デニムはほつれにくく、雑貨にしやすいので、小さな生地もぜひ有効利用してみてください。

デニムタッセルの作り方~まとめ

デニムを細長く切るとほつれてしまい、使っている間にボロボロになってしまいます。

ほつれにくくするには、縦糸を抜いて繊維に対して垂直にカットすることが大切です。

ほつれ止めも併用するとさらに美しい仕上がりになりますよ。

私サイズでご紹介しましたが、ふさのボリュームも長さも調整可能です。

お好みのサイズで作ってみてください。

絵を描くのが好きな人に朗報!

絵画のサブスク「Casie」はご存知ですか?

定額制でいろんなアーティストの絵画がレンタルできるサービスなのですが、今注目されているためアーティストが足りていないようです。

絵画を描ける人はぜひ活躍してみてはいかがでしょう?

登録は無料、作品の発送時に送料がかかるだけなので一度審査だけでも申し込んでみませんか?

もちろん顧客としてレンタル会員になるのも簡単♪

おうちに素敵な絵画を飾れるなんて、居心地よくなっちゃうよね。
ハンドちゃん

メイドちゃん
季節や気分に合わせて絵画を取り替えるのも簡単です。

おうち時間を快適に過ごすために、インテリアに拘りたいですよね。

-はさみやのりで作る, 針と糸で作る

© 2021 つくるちゃんの作り方ブログ Powered by AFFINGER5