キーケース

ミシンで作る

【ランドセルにぴったり】デニムリメイクキーケースの作り方

子供が小学校に上がると困るのが、なくされるのが心配で自宅の鍵を持たせるかどうか悩むところですよね。

絶対無くさなくて、使うときにスムーズに出せてしまえる、そんな便利なキーケースをランドセルの肩紐に取り付けられるように考えました。

細かいパーツがあり少し難しそうに感じるかもしれませんが、手数は多くても特別なテクニックは不要です。

お子様の鍵の管理に困っているママさんにぜひ作って欲しいです。

今回作るデニムリメイクキーケースの材料

名称入手先参考価格
ジーンズ古着
薄いハギレ(内ポケット用)家にあったもの
綿テープ100均100円
フック100均100円
Dかん100均100円
マジックテープ(縫製タイプ)100均100円
12センチファスナー100均100円

フックやDかんは、使わなくなったカバンなどからとって再利用することもできます。

綿テープは紙袋の持ち手に使われていることもあるので、一度ご自宅にないか探してみてください。

デニムリメイクキーケースの作り方

難易度初心者〜中級者
材料費500円〜
制作時間1時間程度
作る方法ミシン

マジックテープやファスナーなど、少し取り付けるのに難しそうに感じますが、手順を追っていけばつけられるように説明しますので、ぜひ気負わずチャレンジしてみてください。

下準備

裁断サイズ

図のように裁断します。

伸縮性のあるデニムを使う場合は、接着芯を貼っておいてください。

マジックテープは4.5㎝に、綿テープは12㎝に切っておいてください。

作り方工程

step
1
細かいパーツを作ります

【金具を綿テープにつけます】

綿テープに金具
  1. 綿テープにDかんとフック金具を通して、両端を合わせてミシンで縫います。
  2. 端をジグザグミシンでほつれないように縫います。

【内ポケットを作ります】

  1. ポケットは短い辺を裏側に1㎝折り返して、中表に半分に折り、両端を縫い合わせます。
  2. 表に返して空いている辺にステッチをします。

【ベルトを作ります】

ベルトとポケット
  1. ベルトは幅が半分になるように中表に折り、輪にした部分以外を返し口3㎝を空けてコの字に縫います。
  2. 角の部分の縫い目から2㎜外側を45度カットします。
  3. 表に返してぐるっと一周ステッチをかけます。
  4. ベルトの端にマジックテープを縫い付けます。それぞれ表と裏に縫い付けます。
マジックテープは角の部分をほんの少しだけ斜めに切っておいてね。
ハンドちゃん

step
2
ポケットとベルトを本体に取り付けます

ポケットとベルトをつける
  1. 本体の真ん中の裏側に内ポケットを、表にベルトの中心を合わせてまち針で仮止めします。
  2. 内ポケットの上の辺がポケット口になるので、上の辺だけを縫わないように四角くステッチしてベルトとポケットを同時に縫い付けます。
難しそうなら内ポケットは省略OK!
ハンドちゃん

step
3
ファスナーを取り付けます

ファスナー縫い付け
ファスナー用の押さえがねを使うとやりやすいよ。
ハンドちゃん
  1. 本体の横側にファスナーを中表になるように仮止めし、縫い合わせます。
  2. 端をデニムとファスナー2枚重ねでジグザグミシンをかけてほつれ止めをします。
  3. 反対側も同様の手順で縫い付けます。

step
4
金具を仮止めします

金具取り付け
  1. 綿テープの縫い目を真ん中にし、縫い代をDかん側に倒します。
  2. 上の辺の真ん中に、縫い目が下、フックが本体側、Dかんが外側になるように配置します
  3. 端から5㎜のところにミシンで仮止めします。

step
5
上下を縫い合わせます

上下を縫う

ファスナーが中心に来るように、上下を縫い合わせ、縫い代にジグザグミシンをかけます。

デニムリメイクキーケースの使い方

ランドセルの肩紐には防犯ブザーなどをつけるための金具がついているものがほとんどのようです。

この金具にキーケースのフックをつけて、さらにベルト部分で肩紐をホールドして取り付けます。

内側のDかんに紐付きの鍵を取り付ければ、ファスナーを開けても落とすことなく持ち歩けます。

【内ポケットの用途は?】

例えばこんな使い方はいかがでしょう?

  • お金を入れておく
  • 緊急連絡先を入れておく
  • Switchのフレンドコードを入れておく

私の内ポケットの使い方は、念のために500円玉を入れておくことです。

私も息子もうっかりしているので、学校がお昼までと知らずに仕事に行ってしまったことがありました。

我が家のマンションには共有部分にパン屋さんがあるので、ピンチなときに500円持っていれば、お腹を空かせて待たなくて済みます。

まとめ

  • デニムは厚みがあって縫いにくそう
  • パーツがたくさんあって難しそう
  • ファスナーをつけるのが難しそう

と、取り掛かる前は少しハードルが高いかもしれませんが、ひと工程ずつ落ち着いて縫いましょう。

細かいパーツを完成させる→本体に取り付ける→本体を仕上げる

という3工程が基本になります。

消耗品ではないので1度作ると最長6年使えますのでとても重宝しますよ。

デニムがまだ余っているのでこちらもご一緒にいかがでしょうか?

サコッシュ
【デニムリメイク】裾を利用で簡単!ポッケ付きサコッシュの作り方

デニムって丈夫と言われていても履きすぎて破れることあるんですよね。 でも生地が丈夫だから何かに使えないかな?と考えた時に、裾の部分を生かしたサコッシュを思いつきました。 デニムは生地が分厚くて脱いにく ...

続きを見る

手作り眼鏡ケース
デニムリメイク!30分でサクッと作れちゃう布眼鏡ケースの作り方

普段はメガネの私の悪い癖は、料理やお風呂やちょっと休憩など、眼鏡を外した時にそこらへんに眼鏡を置きっぱなしにしてしまうこと。 当然ながら、ホコリがつくし、子供に触られるし、たまにどこに置いたかわからな ...

続きを見る

-ミシンで作る
-, ,

© 2021 つくるちゃんの作り方ブログ Powered by AFFINGER5